OVER $100 - 10% OFF CODE: GET10
  • by vinux

採れたての茶葉は、長持ちする香り高い飲み物になる前に、加工が必要になります。お茶の発見以来、昔の人々はお茶の味を最大限味わえる方法を模索していきました。絶え間ない歴史の探求のもと、お茶の製造技術も同様に絶えず改善されています。今日の完全なプロセスはこのように確立されたのです。

中国茶の技術

緑茶を作る技術

緑茶は非発酵茶に属し、お茶作りの歴史の中で最も古いお茶です。緑茶の技術は採れたての葉に含まれるより多くの栄養素を持っていることが特徴です。例えばカテキン、茶ポリフェノール、クロロフィル、カフェイン、アミノ酸、ビタミンなどがあります。乾燥した茶葉の色と入れたのお茶の主な色は緑です。澄んだお茶の色と緑の葉、美しい形、高い香り、まろやかでやや冷たい味です。緑茶の殺青、揉捻、乾燥は、緑茶の生産における典型的なプロセスです。

紅茶・ブラックティーを作る技術

紅茶は、16世紀の明王朝に由来する完全発酵茶の一種です。最古の紅茶生産は、福建省の武夷山にある少しの紅茶です。紅茶は中国茶の輸出量の中で最大であり、中国におけるお茶の総量の約50%を占めています。最大の売り上げはエジプト、イギリス、パキスタンですが、ほかにも世界中で愛されています。乾燥した茶葉の色と淹れたお茶の主な色が赤であるため、ブラックティーとも呼ばれます。紅茶は、黒い色のお茶、赤い茶葉、甘くまろやかなものとしても知られています。紅茶生産の基本的なプロセスは、萎凋、揉捻、発酵、乾燥です。少量の紅茶の製造には、赤いポットとスモークという2つのプロセスが追加されます。

烏龍茶を作る技術

烏龍茶はクリアなお茶としても知られており、半発酵茶に属します。甘くて香ばしい味がします。紅茶のまろやかな味と緑茶や花の香りを持ちます。烏龍茶の色は“緑の葉と赤い縁”で“3割の赤と7割の緑”と言われています。加工のプロセスには、主に日干萎凋、室内萎凋、回転発酵、釜炒りがあります。

ブラウンティーを作る技術

ブラウンティーはその暗い茶色からそう呼ばれています。植物全体は黒い色しており、ルビーレッドのお茶の色で、まろやかな香りとパインスモークを感じます。ブラウンティーも半発酵茶に属すため眠りを妨げないお茶です。優しい感じをはっきりと受けます。

黄茶・イエローティーを作る技術

黄茶は西漢時代に始まり、2000年以上の歴史があります。主に広東、浙江、安徽、湖南、湖北、四川などで生産されています。黄茶は光発酵茶に属します。緑茶を炒める過程で、黄茶を作ります。緑茶を殺青した後、すぐに揉捻したりせずにおいておくと葉が黄色くなっていき、黄茶が生まれます。製造には、主に枯れ、殺青、揉捻、悶黄、乾燥などといった技術が使われます。その中でも、マギーイエローの技術により、黄色茶は黄色の茶葉、お茶の色、淹れたあとの茶葉まで黄色であるという特性を持ちます。

白茶・ホワイトティーを作る技術

白茶はわずかに発酵した茶に属します。最初に現れたのは7回目のお茶のイベントで、茶の達人Lu Yuによるものでした。乾燥した白茶の表面にある白い毛は雪のように白いです。白茶は冷やすため、解毒、解熱、除熱の効果があります。その製造プロセスは大変面白くシンプルで、萎凋と乾燥だけというたった二つだけです。

香り茶・センティッドティーを作る技術

香りのあるお茶は、中国ではユニークな種類のお茶であり、再加工茶の一種に属します。線テッドティーやスモークティーとも呼ばれます。それは原料に香りを放つことができるフレッシュな花と混ぜたお茶を処理することで、香りのあるお茶を作っているからです。生茶は茶胚などと呼ばれます。香り茶の基本的なプロセスは次のとおりです。花の加熱、モクレンの下限設定、ベースづくり、放熱、花の再加熱、ジャカード、均等に堆積して包装をします。

Add Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Subscribe <span> weekly newsletter </span>

Subscribe weekly newsletter