OVER $100 - 10% OFF CODE: GET10
  • by vinux
“調和”

“調和”は中国茶道において精神であり哲学的な核心です。実際に中国茶道の調和というものは、中国の仏教、道教、儒教の様々な考えを体現したものです。“調和”という考え方は儒教において特別なものではありません。儒教、仏教、道教はすべて“調和”の考え方に基づいたものですが、少し違いがあります。儒教は礼や誠実の調和に重きを置いており、道教は純粋な自然の調和を主張し、人工的なものに反対しています。仏教は現世の物事の空虚を超える宗教的な形で“調和”を尊重しているのです。儒教の“調和”は中立の美しさを、道教の“調和”は見えないものや型にはまらない自然の美しさを、仏教の“調和”は規範の美しさを体現しています。

“茶で客人をもてなす”というのは中国文化です。客人は招かれたときに香りのいいお茶を持っていくというのが尊敬の意味を持ち、行けない場合でもお茶を贈ることで送ることで友人や親族との友好関係を現します。宋王朝時代の東方首都の回想にも記録されているのが、開封の人々は友情に重きを置き、友人が窮地に立たされているのを見ると助けにいくということです。東方首都に外部の者が引っ越してきたり、首都出身の人が新しい家に引っ越したりしたとき、近隣に住む人々はお茶を出しに行ったり、彼らを招いて自宅で一緒にお茶を飲んだりしたのです。それを“お茶のサポート”と呼ばれていました。

現代では、ゲストをお茶で楽しませる、お茶で友人をつくる、お茶を通して深い愛情を表現するといったことはすべての家庭に浸透しているだけでなく、政府関係の役所やグループ、さらには国民全体のエチケットともなっています。お茶は、宋王朝時代の東方首都の“お茶のサポート”であれ、近年のお茶会であれ、共通することは礼儀と友情そして親和と調和の象徴であることに変わりないのです。

“静寂”

“静寂”も中国茶道の精神であり、“調和”は“静寂”があることで調和と呼ばれています。“静寂”の雰囲気と領域が無ければ、“調和”はただの不完全な精神となってしまうのです。中国茶道は道徳を育み、静寂はこれを実践するためのたった一つの方法なのです。

“静寂”という言葉に気づくと、すべてを見通し、風や雲のように考え、心の中がいつも幸せで満たされるようになります。道教、儒教、仏教すべてが静寂を唱えています。古代から現在に至るまで、それがどの信者であったとしても、すべての者が茶道を実践する唯一の方法として“静寂”を心掛けています。静寂は透き通ったものでありるため、何もない空っぽの状態とも言えます。静寂でいると、まるで谷のように心を開くことができ、とても穏やかな気持ちになります。また洞察力を持つことができ、あらゆる方法で哲学の「道」を理解できるのです。 「静寂でいる以外に茶道の終わりに到達し、神秘的な領域の終わりに到達するという方法は存在しない」と言えます。

中国茶道は、茶事を通して静かな雰囲気を作り出し頭の中を空にします。お茶の香りが心に染み込むと、静けさの中で何も考えない状態になり、精神は昇華されます。静けさの中で自然と溶け合い、“天と人の融合”という“天国のような幸福”の領域に到達するのです。

“快さ”

“快さ”は“静寂”と“調和”の快さを指します。なぜなら“快さ”は魂の鼓動、脈動、人生への瞬間的な洞察、気分、わずかな感触、そして優雅な人生の中にある振動であるのです。

中国茶道は、優雅さと卑俗さの両方を味わう方法で、日常生活に反映されています。形やスタイルは気にしません。場所、信念、文化レベルの違うそれぞれの人々は、茶道に対しても求めるものが異なります。歴史的に、王族や貴族は茶道に“お茶の希少価値”に重点をおき、彼らの力、富、優雅さを誇示するために行っていました。文学学士は、“お茶の希少価値”に重点を置き、物を大切にし文章のアイデアを刺激するために利用していました。仏教徒は、“お茶の美徳”に重点を置き、疲れを取り除き、「道」を瞑想し、啓発することに使いました。“お茶のメリット”に焦点を当てた道の考えのお茶は、お茶を試飲することによる健康の継続や、不死へを目標としていました。一般の人々は、“お茶の味”に重きをおきつつ喉の渇きを癒し、魚臭さや脂っこさをなくし、また人生を楽しむことを目指して茶道を行っていました。

中国茶道は、優雅さと卑俗さの両方を味わう方法で、日常生活に反映されています。形やスタイルは気にしません。場所、信念、文化レベルの違うそれぞれの人々は、茶道に対しても求めるものが異なります。歴史的に、王族や貴族は茶道に“お茶の希少価値”に重点をおき、彼らの力、富、優雅さを誇示するために行っていました。文学学士は、“お茶の希少価値”に重点を置き、物を大切にし文章のアイデアを刺激するために利用していました。仏教徒は、“お茶の美徳”に重点を置き、疲れを取り除き、「道」を瞑想し、啓発することに使いました。“お茶のメリット”に焦点を当てた道の考えのお茶は、お茶を試飲することによる健康の継続や、不死へを目標としていました。一般の人々は、“お茶の味”に重きをおきつつ喉の渇きを癒し、魚臭さや脂っこさをなくし、また人生を楽しむことを目指して茶道を行っていました。

“真実”

“真実”は中国茶道において究極の目的です。

中国人は簡単に“道”と言いません。彼らが道については話し始めたら、彼らは“道”に固執し、その道の“真実”を追求しようとするでしょう。 “真実”は出発点であり、中国茶道の究極の目的です。 “真実”とは、事実が正しいか間違っているかという選択における真実の事ではなく、人生、善、美の真実のことを指します。 “真実”とは、悟り、徹底、冷静、沈黙、そして全地のことです。中国茶道は、茶事に携わるとき“真実”に注意を払います。これは本物の茶葉を使い、本物の香りや味であるべきというだけでなく、環境そのものが実際の山と川の中でなければないということも指します。有名人のオーセンティックな作品は無く、最高の道具として利用されるのは、本物の竹、本物の木材、本物の陶器、本物の磁器でなければなりません。モノだけではなく、人々、客人、言葉もすべて誠実であるべきで、気分はゆったりとさせる必要があります。お茶にかかわるのすべての活動は良心的で真実でなければなりません。人生を愛し、人生を大切にし、身体と心を健康で快適にすることは、人生について大事なことであり、「毎日が素晴らしい日である」と思わせます。これは中国の茶道が追求する最高の領域なのです。

Add Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Subscribe <span> weekly newsletter </span>

Subscribe weekly newsletter